クラスノヤルスク滞在記と滞在後記 
  Welcome to my homepage

up date  2003年8月28日 (校正06年6月6日、08年6月23日、17年6月22日)
モスクワからペルミ市へ
ヴォルガ川とカマ川クルーズ(その1)
                       2003年6月28日から7月13日

1. 出航まで
  ロシア旅行事情
  行き先選び
  ヴォルガ方面を選ぶ(ついでに白海も)
  クラスノヤルスクからモスクワへ、
  ソ諸島を回って、またモスクワへ
  バシコルトスタン号と船客
2.ヴォルガ川を下ってカマ川を上る
3.カマ川を下る帰りのコース
ロシア連邦を流れる大河

1. 出 航 ま で

 ロシア旅行事情
 クラスノヤルスク市に住むようになって7年経ちますが、よく国内を旅行するようになったのは、ここ2,3年です。それまでは、帰国するための経由点、ハバロフスクへやむなく飛ぶ時ぐらいしか、長距離旅行はしたことがありませんでした。飛行機はダイヤ通りに運行してくれませんし、列車のトイレは苦手でした。それに、知らない町に行って空港や駅からホテルまで一人でタクシーに乗るのは、やはり不安です。といって、重い荷物を持って、親切そうな通行人に尋ねながら、バスや電車で行くのも、苦行です。
ロシア中学生用地図拡大はここをクリック

 以前は、日本のような旅行会社もなかったと思います。ロシア人ですと、休暇で国内国外の観光旅行する時は、職場等の組合に申し込みをして、旅行券путёвка(無料か、割引価格)を交付してもらって出かけて行ったようです。昔は、この旅行券がボーナスのようなものでした。ですから、もらえないこともあったり、希望通りの時期や行き先でなかったこともあったようです。でも、最近は旅行するにもこのような不自由な『ソ連式』でなくなりました。私立の旅行会社や取次店がたくさんでき、お金さえ出せば、個人で簡単に好きなコースを選んで申し込めるようになりました。私も、1年半前、『モスクワ近郊・歴史探訪のバスの旅(モスクワ・ゴールデンリング)6日間』というのに行ってきました。旅行会社に支払った金額は200ドルほどです。普通のロシア人でも払える金額です。でも、この旅行の出発地点はモスクワですから、クラスノヤルスクからそこまで自力で行かなくてはなりません。
 クラスノヤルスクから出発する国外旅行コースもあります。トルコやキプロス、バンコクなどへ行くツアーだそうです。需要があるのでしょう。クラスノヤルスク発の国内旅行コースというと、よさそうなのは『エニセイ川クルーズ12日間』しかありません。これには、去年参加しました。集合地点が、勝手知ったクラスノヤルスクですし、なんと言っても、クルーズというのは長期滞在のホテルがそのまま移動してくれるので、荷物を詰めたり解いたりしなくてもよく、あわただしくありません。
 行き先選び
 ロシアは広いですが、手軽に観光旅行できるところは多くありません。ただ、モスクワやサンクト・ペテルブルグ市やその周辺ですと、名所旧跡めぐりのパック旅行だとかがたくさんあって便利です。それ以外の、たとえばシベリアの都市は、新しいものはみな同じような『ソ連式』の都市計画でつくってあり、古い教会などはあってもスターリン時代に破壊されていて、わざわざ遠くから来て見物するほどのものもなく、パック旅行も企画されていないようです。(2003年当時)
 観光だけではなく、有名な鉱泉の出るところや塩湖などに行って、治療もかねて何日も滞在するというのも、ロシア風の休暇の過ごし方の一つです。湯治の施設もあります。
 また、鉱泉の出るところでも、美しい湖畔や川辺、景色のよい山でも、宿泊施設のあるところよりないところの方がずっと多いので、そこへは、テントを担いでいきます(お金があればヘリコプターでいきます)。手つかずの自然の中には、鉱石や石油等の産地を捜すための地質調査隊や、狩猟者用の無人の山小屋があってそこに泊まることもできます。こんな旅が最もシベリアらしいですが、誰にでもできるわけではありません。
ヴォルガ川

 ロシア観光旅行のもうひとつのタイプはクルーズです。リバー・クルーズの楽しさは、ロシアのような大陸でないと味わえないでしょう。シベリアには、東からアムール川、レナ川、エニセイ川、オビ川とあって、どれも長さが4000キロ、5000キロですから、日本の北海道から沖縄までもあります。でも、クルーズ船が往復しているのはエニセイ川の場合、クラスノヤルスクから北緯69度のドゥジンカまでの約2000キロだけです。それだけでも十分な長さです。ウラル山脈の西側にも、ヨーロッパで一番長く、流域面積も広いヴォルガ川があります。長さは3700キロです。ロシアの川はたいてい冬季は凍りますから、クルーズできるのは、場所にもよりますが、5月始めから10月末までです。
 レナ川も季節によっては部分的に観光クルーズ船が運航しているかもしれません。オビ川にはノヴォシビルスクからサレハルド(ちょうど北極圏の入り口のあたり)までのコースがあると、クルーズ愛好ロシア人から聞きました。もちろん、ヴォルガ方面ですとたくさんのコースがあるはずです。
 2002年は、地元エニセイ川クルーズをしましたから、その次は『ロシアの母なる川ヴォルガ』だと思いました。ロシアに限らず交通は川を利用していましたから、大小の村々も大きな川やその支流にできました。支流が本流に合流するような要所にできた村は発展して大きな町になりました。また、今でも、道路がなくて川をたどらないと行けない町や村がたくさんあります。道路や鉄道を利用するより、川に沿って行った方が、ロシアらしいロシアを見ることができそうです。

 ヴォルガ方面を選ぶ(ついでに白海も)
 河川交通が盛んなロシアには、川と川をつなぐ運河がたくさんあります。長くて世界的に有名なものだけでも、ヴォルガ川とドン川をつなぐヴォルガ・ドン運河、モスクワ川とヴォルガ川をつなぐモスクワ運河、サンクト・ペテルブルグからオネガ湖へ向かう新ラドガ運河、オネガ湖から白海へ出る白海バルト運河などがあります。ですから、いくつかの川や運河を組み合わせたり、支流をさかのぼったり、海へ出たりするクルーズ・コースがあって、ヨーロッパ・ロシアのコースは、シベリアのと比べてバラエティに富んでいます。
 エニセイ川クルーズの豪華客船が『アントン・チェホフ号』だけなのに比べると、ヴォルガ方面は船も選べます。でも、夏場の豪華客船は外国人観光グループ(日本人を含む)に押さえられていて、一般ロシア人(私を含む)が予約できる船は限られていることがわかりました。
 旅行会社に聞いたり、ロシアでもそれなりに普及しているインターネットで調べたりして、6月下旬から7月上旬の期間で、あれこれとコースを検討しました。私の勤める大学の学期末試験は6月中旬までに終わりますし、7月後半には日本へ里帰りの予定です。また、クルーズの出発点モスクワまで、クラスノヤルスクから4000キロ、飛行機で4時間もかけて行くのですから2、3日程度のクルーズでは十分とはいえません。また、船室も、シャワー・トイレなしの旧式では、快適といえません。
 
 結局、『バシコルトスタン号でモスクワからペルミ、16日間』というのを選びました。それは、6月28日出発なので大学が休みに入ってから出発までの間、しばらく時間があります。どうせ、出発点のモスクワまではるばる行くのですから、一度は訪れたいと思っていた白海のソロヴェツキー諸島へも寄ってみたいと思いました。インターネットで調べて、6月22日に、ソロヴェツキー諸島の対岸の町ケミまで行くと、ケミから連絡船でソロヴェツキー諸島へ行って観光をして、またケミまで戻してくれるという、ホテルつき食事つきガイドつきの5日間パックツアーが見つかりました。これは、モスクワまで自力で行くだけでなく、モスクワからケミまでも自力で行き、そこで、ツアーのグループを見つけなくてはならないという難しさがあります。でも、そのパックツアーを主催しているアルハンゲリスク市の旅行会社と何度も電子メールで質問をしたり確認をしたりして、行くことに決めました。
 『モスクワからペルミ、16日間』の費用は日本円にして一人約12万円です。一人用船室にはなぜかトイレとシャワーがなく、トイレ・シャワー付きの二人用船室を一人で使うと50%増し18万円といわれました。これは、クラスノヤルスクの旅行会社を通じたのでこれだけ高くなったので、もし直接モスクワの窓口へ行けば、もっと安かったでしょう。
 『ソロヴェツキー諸島5日間』は銀行の振込み料も合わせて35,000円くらいでした。ホテルのツインルームのシングルユースは50ドル高になったほか、外国人はさらに百ドル高と言われましたが、「私はロシアの居住許可証を持っているから、選挙権がない以外はロシア人と同じはずです」と、一応言ってみると、幸いその通りにしてくれました。

 クラスノヤルスクからモスクワへ、ソロヴェツキー諸島を回って、またモスクワへ
 6月21日、9時にクラスノヤルスクを立ち、4時間飛んで、モスクワ時間9時にモスクワのドモヂェドヴォ空港に着きました。そこから電車と地下鉄を乗り継いでレニングラード駅(モスクワ発で、サンクト・ペテルブルグ行きなど北方面の列車が出発する駅)に着きました。そこでケミ行きの列車が出発する夕方まで待たなくてはなりません。駅の荷物一時預かり所に、私の3週間の「大」旅行にしては最小限におさえたかばんを預けて、外へ出てみると、駅の周りは、人相の悪い人たちがうろうろしています。露店も多くごみごみしています。あまり知らないモスクワで迷子になって、列車の出発までにレニングラード駅まで戻って来れなかったら大変です。大旅行を前にして、モスクワ観光の気分にはなれなかったので、駅の中の喫茶店で、時間を過ごすことにしました。
白海を行くと見えてくるソロヴェツキー島

 モスクワのレニングラード駅から、北氷洋のバレンシア海に面する不凍港ムルマンスク行きの列車に乗ると27時間後に途中のケミ駅に着きます。(帰りは急行だったので25時間でした)。ソロヴェツキー諸島旅行も印象深いものでしたが、また別の機会に書きたいと思います。ケミと言う白海に面した小さな知らない町で、もし、電子メールで確約されているはずのガイドの迎えがなかったらどうしょうかと、どきどきして、列車から降りたのですが、一応計画通りに旅は運び、迷子にもならず、6月27日には、無事またレニングラード駅に戻れました。
 翌日のクルーズ出発まで、北モスクワ河川駅近くのホテルに一泊しました。この程度の時間的余裕を持つことが、時刻表どおりに動いてくれないことも多いロシアの交通機関を利用する旅行には必要です。というより、今回はそれ以上ぴったりの日程は組めませんでした。このように余裕を取って日程が組んであるときに限って時刻表どおりに運行して待ち時間が多く、余裕のない組み方のときには遅れてはらはらするものですが

バシコルトスタン号と船客
 28日、出航時間の17時半よりずっと早く、北モスクワ河川駅に着き、バシコルトスタン号を探しました。クラスノヤルスクのエニセイ河川駅では、客船用岸壁は短く係留点も数箇所だけです。ところが、モスクワでは4階建、5階建の豪華クルーズ船が岸壁に十数隻もずらりと並んでいます。その豪華船の向こう側には、別の豪華船が平行して2重に舫(もや)っています。それらの船へ外国人を満載した大型バスが次々と横付けしています。持ち物やファッションから、ロシア人と西ヨーロッパ人の区別は簡単にできます。それらクルーズ船には英語とロシア語で「モスクワからサンクト・ペテルブルグへ、白夜の旅、○○旅行会社」とか大きく書かれてあります。
 ちょっと自分が貧しいロシア人の田舎っぺのような気がしました。それも悪くありませんが。
 埠頭のある岸壁の端から端までは1キロ半もありそうでしたから、歩いてバシコルトスタン号を探さずに、もちろんインフォーメーションで目当ての船が停泊している埠頭番号を聞きました。バシコルトスタン号は3階建で、ソ連時代には一般旅行者用の中程度の船だったのを、時代に合わせて少し景気のよいロシア人が乗るように改造されたと言うかなり古い船でした。定員は半分に減った分だけ一つ一つの船室は広く快適になったようです。私が予約したのはツインルームのシングルユースですが、そうでなければ、知らないロシア人と同室にされることもありえるのです。船室には小さな冷蔵庫もあり、エアコンはありませんが扇風機があります。窓は上下開閉式の大きなものでしたが、私の力では開きませんでした。開けたい時は船員さんに頼みます。シーズン中は外国人旅行会社が貸し切っているらしい周りの豪華客船と比べると、バシコルトスタン号は外見も中味も、つまりサービスも二流(旧ソ連式の水準では、普通)のようですが、実は、今回は、このような船にこそ乗ってみたかったのです。
 9割ほど満席で、乗客は70,80人くらいでした。チェックインの後、レストランの座席券を渡されました。レストランのテーブルは4人用なので、老夫婦のカップルと一人旅の男性との組み合わせでした。乗客の中に外国人は私以外に一人もいません。慎ましやかな船でしたから、年配や中年の夫婦連れ、中間管理職タイプの熟年女性の一人旅、親子連れ、孫と一緒のおばあさんといった乗客の顔ぶれでした。若い夫婦のカップルは一組だけでした。華々しいロシア・ニューリッチはトルコへ行ったりキプロスへ行ったりで、地味な国内旅行はしないのでしょう。また、年金だけで暮らしている老夫婦や、月収が平均以下の家庭では、クルーズといった豪華旅行はなかなかできません。クルーズができるほどのお金を貯めた若い人たちは、ヨーロッパ格安ツアーに出かけます。そういうわけで、バシコルトスタン号の乗客の平均年齢はやや高く、それほど豊かではないが、貧しくもないという層でした。そして、ふたりを除いて、みんなモスクワかその近郊出身でした。また、私を含めて大部分の乗客がクルーズ愛好家で、今回が初めてではないと言っていました。 
バシコルトスタン号と、
レストランで同じテーブルのアンナ
 日本の旅行者ならみんな持っているデジカメや小型ビデオカメラなどといったものは一人も持っていませんでした。大きな旧型日本製ビデオカメラを持っていた人が二人、「ゼニット」と言う旧ソ連時代の国産カメラを持って手動で距離や露出をあわせる年代物カメラの熟年女性たち、また国産「超筒長」双眼鏡で対岸をのぞく老夫婦と、みんな復古調でした。手動カメラなんてほんとうに懐かしいです。私はあわせ方は忘れてしまったので、その人たちをあまり撮ってあげることはできませんでした。でも、私の普通のカメラでヴォルガやカマ川、沿岸の町をバックに、「ねえ、私を撮って」と言って近くにいる人に撮ってもらいました。
 レストランで同じテーブルに座り、16日間毎日一緒に食事をしていた老夫婦のマルクとアンナや、一人旅の中年男性サーシャとは、最も親しくなったので、私を写すカメラマンになったのも、彼らが一番多かったです。特に、サーシャは機動性があったので必要な時にはいつも横にいました。でも、彼のロシア語は、私にはよくわからないことが度々ありました。早口で不明瞭な話し方、俗語を使った言い回しが多く、外国人にわかるような言い換えができなかった(したくなかった)ことで、何度も、アンナにロシア語からロシア語に「訳して」もらいました。
 その3人の他にも、ほとんどの乗客と仲良くなりました。
 このクルーズのコースは、北モスクワ河川駅を出発し、モスクワ運河を経てヴォルガ川に出て、ヴォルガを下りカザン市を過ぎたところで、一番大きな支流のカマ川に入り、カマ川をさかのぼりウラル山脈の西にあるペルミ市まで行って、そこから同じコースでモスクワへ戻ってきて解散、ということになっています。毎日、一つか二つの町に上陸して、観光しながら行くことになっています。ロシアの母なる川ヴォルガは、昔から主要交通路で、村や町はヴォルガに沿ってできていったのですから、川を下るだけでも、『ロシア歴史の旅』ができます。

<ホーム>         <ページのはじめ↑>         <NEXTつづき→>