クラスノヤルスク滞在記 と滞在後記

ホーム up date 2004年5月4日 (校正06年6月11日、08年6月22日、11年6月17日
 シベリアの古都トムスク
     2004年4月24日から4月28日
   
 トミ川のほとり
 鉄道のたび
 アパートに逗留
 トムスク市と大学見物
 森林博物館
 兵役の少年
 アレクセイとターニャ夫妻
トムスク要塞があったという岡の上の記念碑
 トミ川のほとり
 トムスク市へ4月25日から27日まで、27歳の若い友人ナースチャとアリョーナの3人で行って来ました。今回トムスクは3回目ですが、行く度に新しい発見があります。
トミ川の上で

 トムスク市は、シベリアでは最も古い町のひとつで、大河オビ川の支流トミ川のほとりに、1604年ロシア人がシベリア進出のための要塞を作ったのが、始まりです。ロシア人の進出前は、ウラル語グループのサモエード系のセリクープ人が住んでいました。ところが、やはり、このあたりに住んでいたシベリア・タタール人の族長が、ほかの部族から自分たちを守ってもらうためにモスクワの皇帝ボリス・ゴドゥノフに要塞を作るよう依頼し、トミ川の下流(つまりオビ川との合流点近く)にできたのがトムスクだそうです。クラスノヤルスクとよく似た経過と目的で、ただ26年早くできました。
 トムスクはロシアのシベリアへの前線基地として発展し、その後はシベリア経営と中国貿易の拠点として栄え、1804年には中央シベリア全体をふくむトムスク県の中心になりました。クラスノヤルスク県の前身エニセイ県などは、後にトムスクから分かれてできたのです。

 18,19世紀のシベリア経営の大動脈『シベリア街道』は、モスクワからウラル山脈を越えてトムスクを通り、クラスノヤルスク、イルクーツクへと通じていました。太平洋岸のオホーツクや後にロシア領となったウラジオストックへ行くにも、ここを通りました。『トムスクの歴史』という本によるとトムスクは、1639年初めて中国から茶が輸入されたところだったそうです。輸入というより、モンゴルの部族からの貢物の一つでした。1640年にはモスクワに送られ、その後、ロシア中に普及しました。シベリア幹線鉄道ができる19世紀末までの200年もの間、中国茶を積んだキャラバン隊が、トムスクを通じて陸路または河川路をトミ川からオビ川、さらにイルティシュ川を通じて西に向かっていったわけです。
 しかし、19世紀末開通のシベリア幹線鉄道は、トムスクを通らずに、少し南のニコラエスク(現ノヴォシビリスク)を通ったため、トムスクは寂れました。これは、トムスクへ向かって沼地の多いところに鉄道を敷設する技術的困難さと、トムスクの商人がモスクワとの競争を避けたためだと言われています。
 それでシベリアの中心は、ノヴォシビルスクになってしまいましたが、取り残されたトムスクは昔の伝統も残る町になったのです。
 鉄道のたび
 幹線鉄道はトムスクを通りませんが、支線は幹線が開通してまもなく敷設されました。分岐駅タイガからトムスクまでは80キロもありません。しかし、支線ですから、クラスノヤルスクからトムスクへ行くには、直通の列車はありますが、時間がかかります。私たちが乗った車両はタイガ駅で4時間も待たなければなりません。というのは、分岐駅タイガまでは、クラスノヤルスク発ノヴォクズネツク行きの481号列車に連結されて引っ張って行ってもらい、タイガ駅に着くと、トムスク行きの車両だけ切り離され、引込み線に入り、目的地トムスクへ連結して引っ張っていってくれる列車が来るまで待つのです。

 クラスノヤルスクからトムスクへ行くには偶数日はこの2両が連結された列車が1本しかありません。その車両も4人用個室のコンパートメント(2等車)ではなく、寝棚が縦や横にぎっしり並んでいるオープン寝台車プラツカルタ(3等車)です。コンパートメント車両ですと定員は38人なのに対し、プラツカルタでは54人です。これが不便なのは上段が狭いこと、縦の寝台は、通る人みんなに寝顔を見られること、トイレにすぐ順番ができることなどです。でも、クラスノヤルスクからトムスクへ行くにはこれしかありません。料金がコンパートメントの半分で往復2400円と言う安さなのですが、それでも、同行のナースチャやアリョーナは薄給なので、きついそうです。

 クラスノヤルスクを4月24日の午後4時に出発した列車は、620キロほどをゆっくり走り、次の日の朝5時にトムスクにつきました。
 アパートに逗留
ナースチャとアリョーナ
 まして、ホテルに泊まると1泊千円とかするので、アリョーナの友達の家に泊めてもらうことにしました。その友達のターニャも大学関係で薄給です。ターニャの夫のアレクセイも同様です。彼ら夫婦のアパートは市の中心の古い9階建ての建物の9階にあり、エレベーターは暗く小さく壁板には隙間なく落書きされ、犬猫の尿のにおいがするのでした。でも、数秒間の我慢です。アパートは小さな一部屋に狭い台所と小さなバストイレが付いた慎ましいもので、そこで私たち5人が3日間住みました。10人で住んだこともあるそうですから、5人なんて平気です。主人夫婦は台所の床に布団を敷き、ナースチャとアリョーナはベッドに、私はクッションを組み合わせて部屋の床に寝ました。9階にあるせいか、時々断水になるのでした。なぜか、その日はお湯だけは出ます。熱いのを我慢してお皿を洗ったりしました。

 私たちは、毎晩、アレクセイのお父さんが作った自家製のぶどう酒を飲み、5人で仲良く過ごしたのでした。ちなみに彼ら夫婦は1週間前に結婚式を挙げたので、お祝いの立派な食器セットがありました。私たちは新品の食器でターニャがゆでたジャガイモや、塩漬けニシンを食べました。こんなことが、前回の2度のトムスク訪問と大きく違ったところです。(前回はホテルに泊まりました。)
 トムスク市と大学見物
トムスク要塞のあったところから市内を見渡す
トムスク大学
 トムスクに到着したその日に、私たちは市内見物マイクロバスに乗り、観光コースをざっと一回りしました。シベリアの古都トムスクはサンクト・ペテルブルグをまねて作ったといわれる古い町並みが、名所となっています。大商人の木造の屋敷もよく保存されて残っていました。ひさしや窓枠、バルコニーには透かし彫り装飾があり、その模様には『火の鳥』などロシア民話がテーマなったものもあります。
 その他、トムスクにはシベリアで一番古いと言うものがたくさんあって、中でも有名なのが、1878年創立のトムスク帝国大学です(東京大学は77年創立)。また、トムスク工科大学も1896年と言う古い時期(京都大学は1897年)に創立されました。つまり、トムスクは何と言っても学問の町で人口の20%以上が学生、大学や研究所の教職員です。
 それで、もちろん、大学見学もしました。1885年にできた大学本部の建物は古く壮大で、もちろんクラスノヤルスク大学の比ではありません。大学内には、シベリアで一番古い植物園の他、立派な博物館が幾つもあります。普通、博物館は博物館として独立してあるものですが、トムスクの場合は、大学の建物内の1室(または続きの数室)が博物館で、これは、町の中の歴史博物館や郷土博物館より広く、立派なのでした。
 「考古学およびシベリアの民族博物館」だけは外来者は有料で、入場料が20円でした。「古生物学博物館」はその日は閉館日でしたが、そこで学生たちが古生物学の授業をしていたため、ドアが開いていました。私たちはそっと入って授業の邪魔にならないように見学しました。「鉱物学博物館」には、なにやら石がどっさり並んでいるのでした。大学の高い天井の廊下を歩くと、「鉱物学研究室」とか「鉱物学講座」とか書いたプレートがドアに打ち付けてあり、その横が「鉱物学博物館」なのです。伝統ある大学ですから、「大学史博物館」も欠かせません。
 普通、町の博物館ですと、職員が来館者をにらんでいるものです。でも、ここは、職員も研究者の一人らしく、来館者には無関心に自分の机に向かって仕事をしているのでした。
 工科大学も見物しました。これは、ロシアでも最も権威ある大学で、ここを基礎に分校としてシベリアの各地にできた研究機関が、後に、その州の大学となったそうです。ここにも、もちろん「大学史博物館」があります。でも、ふと、ドアを開けて入ったところが、また「鉱物学博物館」でした。今度の職員は暇だったのか、展示物の説明をしてあげると言ってくれたのでした。「この石を、誰が、どこで、どんな状況で見つけたか」と始めました。私が日本人でクラスノヤルスクから来たと知ると、展示物の説明をしながら日本食の料理の仕方を聞くのでした。
 森林博物館
 私たちは、出発前、インターネットでトムスク市の見どころを調べてきました。トムスクには実に26もの博物館があると載っていました。市内にもあるほか、郊外に「森林博物館」と言うのがあります。私たちは3人ともエコロジーに関心があるので、そこも見学することにしました。
 トムスク市から30分もバスに乗っていったところに、チミリャーゼフ村があり、そこに、その博物館があるとインターネットに載っていました。ロシアは、町はともかく村はどこもインフラが整っていません。まず、道は泥沼です。でも、そんなことにもめげず、私たち3人はバスから降りて、親切そうな村の人に道を聞きながら、村はずれの松林の中にある「森林博物館」を見つけました。立派な建物です。でも、玄関にはかぎがかかっていて、『図書館は12時に開きます』と言う小さなメモが張ってありました。「森林博物館」内には村立の図書館もあるようです。時計を見ると10時半です。
博物館の事務室で
 ロシアでは予約なしに博物館へ行くと閉まっていることがあるのです。訪問者が少ないのでシーズンオフには勝手に休館になっているのでしょうか。せっかくここまで来たのですから、何とか見学したいものです。それで、村役場を探し当て、そこで文化担当の人を見つけ、「私たちは、はるばるクラスノヤルスクから来たのですが、見学出来ないでしょうか」と言ってみました。担当者は、博物館長に電話をしてくれ、私たちは、入館できることになりました。
 博物館内は停電でしたが、年配の男性の館長が案内してくれました。展示物は古そうでしたが、森林に関するものは、なんでも展示され、詳細な説明文がついていました。館長と話しているうちに、4年前、日本の早稲田から年配の女性4人が見学に訪れたことがあり、そのときの写真もあるから、見せてあげよう、事務室へいってお茶を飲もうと言うことになりました。館長は、戸棚の中を長い間探して、日本からの手紙を見つけました。その日本人は、ロシア文学者で、マルコフと言うソ連時代の作者の研究をしているため、トムスクを訪れたそうですが、そのとき時間が余って、誰かの推薦でこの「森林博物館」を訪れた、とか言う話でした。後に、写真を送ってきたと言う封筒には、差出人の住所や名前が書いてあり、日本語の名刺も同封してあります。遠い日本から、広いシベリアの同じ所に来るとは、何か縁があるかもしれないと思い、住所と名前をメモしてきました。
 一緒にお茶を飲んでいた図書館員の女性が、マルコフの「シベリア」という分厚い本をくれました。図書館の蔵書だけれど、登録されていないので、プレゼントできるそうです。私は、クラスノヤルスクに帰ってから、丁寧なお礼の手紙と、そのとき写した写真と、日本の森の絵葉書を郵便で送りました。ですから、将来その博物館を訪れる日本人は、私の手紙も見ることになるでしょう。
 兵役の少年
 帰りの列車は行きと同様、満員でした。トムスクからクラスノヤルスクへ移動する兵士がぎっしり乗っていたからです。一般旅行者が半分ほどの寝棚を占め、残りの寝棚は兵士用でしたが、寝棚の数より兵士の数の方が多いようで、彼らは交代に寝ていました。私の横の寝棚も、1台に二人の兵士が割り当てられました。歳を聞くと17歳、かわいい顔立ちでした。まだ、1年目だそうです。ですから2年目の兵士に如何にいじめられるかと言う話をしていました。近くの寝棚にいたナースチャとアリョーナも来て、私たち3人はその恐ろしい話を半信半疑で聞いていたのです。耐えられないような軍事訓練を強制され、何とか免れるために病気になるか、怪我をしようとし、それが原因で死ぬこともあると言うことです。一人はオムスクから、もう一人はヤクート出身で、トムスクの北のセーベルスク市(ソ連時代、軍事用ウラン工場があったため秘密都市で、暗号名は『トムスク7』だった)で兵役についていて、今度はクラスノヤルスクのどこかへ行くそうです。クラスノヤルスクに近くなると、ごつい革の長靴の中に、ねずみ色の巻き脚絆を器用に巻いて足を入れるのでした。ソ連時代の戦争映画では時々見かけます。このごつい皮ブーツでは靴下ぐらいでは痛そうです。
 アレクセイとターニャ夫妻
アレクセイとターニャ
 今回、3日間でしたが、19世紀末まではシベリアの首都だったトムスクを若い友人のナースチャとアリョーナのおかげで違ったふうに見ることができました。いつもは一人旅が多いのですが、友達の友達夫婦の一部屋アパートに5人で寝るような旅もいいものです。その夫婦(妻は研究助手、夫はレーザー光線研究者で講師)は、日本人が泊まってくれたのは初めてだと、喜んでくれました。

そのご夫婦には赤ちゃんができました。

<HOMEホーム> <ページのはじめ↑>
05年3月29日に送られてきた写真 05年4月30日に送られてきた写真 モスクワの学会に参加したアレク
セイ、05年9月28日に送られてきた